犬とともに暮らす

『犬とともに暮らす』では相互リンクを募集しています。
相互リンクご希望の方は、admin★o-mouke.com(★は@に書き換えてください)までメールにてご連絡願います。

相互リンクご希望に際しては当サイトへのリンクを事前にご掲載ください。
リンクの掲載が確認できない場合は、相互リンクを受け付けることが出来ません。

また公序良俗に反する内容を含むサイト様との相互リンクはご勘弁いただいていますことをご了承願います。

 

英国式ペット・カウンセリング―愛犬とハッピーに暮らすために

英国式ペット・カウンセリング―愛犬とハッピーに暮らすために 人気ランキング : 34,000位
定価 : ¥ 1,575
販売元 : ブロンズ新社
発売日 : 2003-12
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 1,575
ペットがいかに正直で、わかりやすい動物であるかが良くわかる本!

問題行動のあらゆるケースを細かく例に挙げ、そこに至るまでの過程の推察→対策→その結果 をわかりやすく丁寧に、かわいい挿絵入りで記載されている。
ペットは本質的に、従順で正直、わかりやすい動物なら、問題行動には必ず、原因と理由があるはず。 それを飼い主が理解してやる事、また住みよい環境をつくってやる責任があり、またペットも、飼い主を信頼し、いう事を聞く事のできる関係になれば、そこには理想的なペットと人間の幸せな共存生活ができるといえる。 
英国では、ペットの性格、バックグラウンドを理解したうえで、自分の生活に適したペットを責任持って飼う事が習慣とされている。
日本のように、ペットショップで「かわいい」という事だけで、簡単に飼い始めるケースとは、飼い主の動物に対する考え方や心構えが大きく違う事も感じさせられる作品。英国での動物への理解や、国の動物愛護としての動きなども参照されていて、ペットを飼う人が多くなった日本でも、今後参考にすべき所でもあるといえる。
我が家でも、今からでも遅くない躾を、この本より参考にしています。

ペットがいかに正直で、わかりやすい動物であるかが良くわかる本!

問題行動のいろいろなケースを細かく例に挙げて、そこに至るまでの経過、対策、その結果が、とても丁寧に記載されています。
ペットは本質的には、正直で忠誠心のある分かり易い動物なので、その問題行動には、必ず何やらの理由、原因がります。 それを飼い主が十分に理解してあげる事、動物もまた、飼い主を信頼し、飼い主を理解できるという、理想的な関係ができれば、ペットと共に幸せに暮らすということになりえるだろう。そこには飼い主の理解と躾がとても大切である事がよく明記されています。
英国では、飼い主が、それぞれの動物の性格、宿命、成長期の環境などを理解した上で、自分の生活にあったペットを飼う。そして、できる限りペットに望ましいと思える環境を作り、責任持った飼い方をする事で、共存する事がとても自然にできている国です。 そういった、日本にはない習慣や考え方、国の動物愛護に対する動きがとても進んでいる事も(まるで、社会福祉、介護福祉制度等が日本が遅れていたかのように・・)ペットを飼う日本人が増えてきた現在、見習うべき事だと思いました。
挿絵もかわいらしく、いろいろな内容が盛り込まれたわかりやすい本で
我が家でも、今から出来る躾の参考にしています。

考え直して欲しいペットと人の関係

家族の一員であるはずの犬。それがなぜ問題を引き起こすのか。動物の行動学見解から問題を解明する本書は、それほど難しいことを私たち飼い主に要求していない。
この本では、基本的な服従訓練の大切さや、犬の社会化の大切さを教えている。その違いがペットにとってどれだけ多くの問題がでるのかを節を追うごとに書かれている。
問題の節だけに目をやる人もいるかと思う。でも、大切な服従訓練、社会化ができていない犬を抱えている日本社会では、それ以外の節もとても貴重だと思う。なぜなら、犬は次から次へと私たち飼い主に挑戦を求めてくるきわめて高等な生き物だからである。
本書は、問題を抱えている飼い主にとっても、そうでない飼い主にとっても犬がどれだけ人に近い生き物であるのかを教えてくれるのとともに、今後の日本のペット事情を変える画期的文献だと思う。